.

車を売却するとき、そして中古車の処分の時も印鑑証明というものが必要です。ダブルアプローチヘアプログラム

それではこの印鑑証明について解説していきます。リンクス 上野

印鑑証明とは、ある印鑑に対して、それが実印であることを裏付けるための公式な書類です。スリムフォー 口コミ

印鑑証明がない場合には、その印鑑について実印として認められているということが裏付けられません。クリアネオ 顔

個人にとっては相当高額な売買になる該当する車の買い取りなので実印が必要になることになりますがその際にこの印鑑証明も要るのです。こたつ買うなら

この印鑑証明をつくるには、その前に印鑑証明をしておかなければなりません。ピアノ買取

印鑑証明に登録する印鑑は普通、実印と呼ばれ、この世に一つだけの判子である必要があります。ヴィトックスα増大

この実印を持って最寄の市町村役場の窓口へ出向けば、印鑑登録の手続きができます。

印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードというものが発行され、印鑑登録をしたハンコは実印ということになります。

印鑑証明を交付してもらうためには、市役所などの窓口で、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を埋めて印鑑登録カードを提示するだけでできます。

それから自動交付機で発行してもらうことができます。

印鑑証明には期限切れなどはないのです。

なのでどんなに前の印鑑証明であっても証明書としての効力は続くということになります。

ですが、自動車買取の際には、必要になるのは現在より3ヶ月以内に発行された書類とされています。

普通は有効期限などはないのですが、中古車の買取の際には買い取る側が必須となる有効期限を決めているので仮に所有車の売却を検討しているのならば買い取り前に準備しておくことが望ましいです。